回顧録倉庫

本家で扱わない、ゲーム以外の考察や感想置場。常にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ハルヒ:動揺~原作簡易感想他
どうも古泉主体の長編がないせいか彼の存在意義というものが希薄
に感じて仕方がない。最近文面が単なる「俺文体」になっている。
3人称と語尾の多少な変化でしかないがな。絵文字類は減ってきてる
んだぜ?

俺って影響されやすいな。ああ、わかってる。俺は単純なんだよ。
純粋ってわけじゃないけどさ。6巻はみくる大活躍だっけ?誰がそん
なこと言ったんだ?

…ああ、俺か。残念だったな。次に持ち越しのようだぞ。半分はア
ニメで放送済みだ。そしてひとつは怠惰な短編…というと原作者に
は申し訳ないが、心境としてはキョンと合致するということだけは
わかってもらいたいものである。



●ライブアライブ

これはアニメが完全勝利だね。やはり文章だけであの迫力は出せな
いし蛇足的な説明くらいしか有益な情報はなかったような気がする。
伏線があったかもしれんが現時点では不明。ハルヒの変態パワーも
古泉の異空間戦闘も、長門の情報操作も、みくるの時代遡行もない。
仕方ないと思うな。ハルヒは才能だけは特筆すべきものがあるな、
という程度か。

そういや、前巻でいい忘れたが…ハルヒの積極性っていうのは出口
が見えないときの突破口になる。12月18日の改変世界も、遭難事件
のときも…突破口をまっさきに開いたのは彼女だったからな。

遭難事件と、このライブアライブで判明したのは、彼女が一番大切
にしてるものは宇宙人、未来人、エスパー、異世界人…なんかでは
なく…。「仲間」だ。

たぶん、そんな気がする。少なくとも今(文化祭以降)はそうだと
思うんだ。それまで自分本位でしか積極的な行動をしなかったのに
この文化祭で頼られて感謝される喜びみたいなものを感じたんだろ
うよ。

それに。

なんだかんだ言って、自分に付き合ってくれてるSOS団のやつら
に感謝してる節があるんじゃないかな。遭難事件で倒れた長門を一
番心配していたし。巻き込んでしまった責任感…は持ってると思う。

彼女だったら世界の崩壊でさえ、救ってくれそうな気がするよ。期
待されたらどんなことも最後までやり通そうとするよな。ハルヒは。
だから、負けたくないんだろうね。たとえどんな些細なことにも。

それが、負けの確定したものだとしても。なんとなく俺もハルヒを
受け入れられるようになったよ。案外、いいやつだな。初志貫徹か。
ハルヒにぴったりじゃないかい?

ちなみに、アニメではそうでもなかったが…原作読み始めて初の涙
腺崩壊寸前にまで追い込まれた。この話で。なんでだ?ハルヒに何
か共感するような部分があったのかもな。

俺だって感謝はされたら嬉しいけどな。たぶん。されたことないけ
ど自信はあるね。



●朝比奈ミクルの大冒険Episode00

これもアニメの勝ちか?過去の回想で他の巻の伏線とおぼしきなん
かが書いてあるが…。大方の感想といえば、キョンの突っ込みと同
レベルで語彙力はそれ以下ってところだな。俺は小説書きじゃない
からあそこまで褒めちぎったり、笑える突っ込みはできないってこ
とだけどさ。

思うところは一緒だよ。俺も古泉を殴りにいくから一緒に行こうぜ
キョンよ。



●ヒトメボレLOVERS

長門メイン。あ、消失もメインは長門なのにすっかり時間遡行とみ
くる1色にしちまったな。すまん、他意はないんだ。萌えの対象外
であることは確かだがな。似たようなキャラの綾波レイも対象外だ
ったし。エヴァなら俺は葛城ミサト派なんでね。

12月の消失の話以降だからかこいつも感情が多少分かりやすくなっ
てよかったよ。まあ、変質しすぎた長門はビビったけどさ。この話
で他に気になったことと言えばキョンの「他称:彼女」だった変な
女が誰かってくらいだが。俺は複雑な話は苦手だから別に登場しな
くていいよ。理解するのが面倒になってくるからな。



●猫はどこに行った?

雪山山荘遭難事件のつづき。トリックも真相もよくわからん。犯人
予想だけは当たったが猫とアリバイの関係がイミフ。分かったのは
鶴屋さんが結構切れ者、みくるは「野球拳」を知らなかったうえに
結局野球拳したのはキョン、古泉とキョンはアホだった。というく
らい。

怠惰な話だった。なかなか進まなくてイライラ。しかも次の話がと
てつもなく気になるタイトルを冠していたから、それはもう悶絶物
のつまらなさだった。きっとそれは俺の理解力の低さから来るんだ
ろうよ。

あと、好きな子が活躍しないと心は躍らないものなのさ。あいにく
そういうふうに脳がインプットされてるんだ。仕方ない。



●朝比奈みくるの憂鬱

一番気になってました。はい。みくるファンですから。それにして
もアニメ版のどっかの話で、みくるを「部室専用のエンジェル♪」
とか言ってたシーンがあったと思ったがここの話でそれが出てくる
んですか。なるほどな。

うちの学科にニックネームがエンジェルだった子がいますがそうい
や、なんで「エンジェル」なのかわからんな、あの子は。ま、いい。

話を戻すと、まあ~タイトルどおりなワケで。笑みを振りまく天使
だか妖精だか精霊だかが鬱少女になっていた。そして、そんな彼女
もかわいいときた。

ん、変わってしまった現在を元に戻す作業はもう済んでましたか。
ではそれは後々の楽しみにしておきますかね。何があったのかすげー
気になりますよ。

よほど彼女が落ち込むようなことがあったのでしょうね。

で~…。まあ、簡潔に言ってしまえばこの話は思いっきり次の巻の
伏線らしいです。あとがきからもそうだし、俺は多少のネタバレは
許容しているんでね。

ハカセくん登場か。彼も知ってます。詳しくはわかりませんが…ハ
ルヒの思い付き理論を正当な理論…つまりみくる達の時間遡行を実
現するための礎を築いたということくらいはなんとか知識に残って
いましたよ。

っと。忘れてた。みくるはこのとき「あたし」を使ってたな。ハル
ヒが聞き耳を立てられる状況になっていないにもかかわらず、だ。
つまるところ――動揺してるときはこっちか。

鬱みくるが見たい…という俺の願いは叶ったわけだが。なんとなく
スッキリしない。このモヤモヤはなんだろうか。物足りないな。う
~ん。求めていたベクトルと違うよ。これは。

役に立てない、と悩むのか。やっぱり違うなぁ。そりゃあ…そこを
嘆きたいのも分かる。何かが違うんだ。決定打が…。真相待ち…と
いうことかな。

まあ、それなら仕方ないな。

気になるのは、前々からぽつぽつとキョンが言ってきたあんなセリ
フだ。妹のようだ、とか…まるで妹~うんぬん。というのはなんだ。

ってね。実は「みくる=キョンの妹説」なるものの存在を俺は知っ
ている。大分前―と言っても原作を読み始めたくらいの頃だが―ね。
もちろん、即答で否定してやるぜ。

なぜかって?

キョンの妹は現在(キョンの時代)において小5だ。未来から来た
というみくるがキョンの妹だとしたら現代からほんの数年…長くて
も5年程度以内に時間遡行技術、ないしコールドスリープ技術ができ
ていなければだめだ。

コールドスリープは現代医療ではまだ無理だぜ。凍らせるときはい
いが解凍したときに細胞が崩壊してボロボロになっちまうからな。
それに、現在5年生なら理科だってある。

中学高校レベルまでとはいかずとも簡単な説明はあるだろう?船が
浮く仕組みについてさ。それを知らなかったって事は、当時の学校
でやらなかったんだろ。忘れたのでなければな。

要するに、だ。即答はしたが確証はない。だが、かなり難しいだろ
うよ。だからみくる=キョンの妹説は否定するんだよ。子孫…なら
ありえなくもないがな。


でも、ここだけの話…みくる(大)が初登場時に言ったあの言葉…

「あんまりわたしと仲良くしないで」

これは何を意図するのか。みくる(小)は初バニーにされたあとに
「もらってくれる?」とまで言っているぞ。その後、キョンといちゃ
こいてるとハルヒが変態パワー発生させるから積極性は失われたが。
それでも、彼女がキョンに好意を寄せてるのは正直明白で。

きっと、このときの彼女は知らされてなかったんだろうな。重大な
何かをさ。いつものように、ね。確実に来る別れの時だけが、「仲
良くしないで」にまで繋がるとは考えにくいんだよね。

だとすると、そのセリフに繋がるのは…キョンとみくるの本当の関
係性か?…もしくは、みくる(大)の時代には時間遡行自体が封印
ないし物理的に不可能になる日が近くなっているという程度しか俺
の貧相な脳内では思い浮かばないな。

しかも、その時間遡行の封印がみくる(大)の最終任務だとしたら。


二度と過去へは行けない。

二度とキョンに会えない。

二度とSOS団に会えない。


それなら…みくる(大)が毎度毎度、別れ際に憂いじみた表情を浮
かべてキョンに約束させているのも何か分かる気がするんだ。憶測
の域を出ないのがなんとも歯がゆい。

でも、そんな真相だったら俺は確実に泣ける自信がある。

たとえEDで泣けなくともね。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。