回顧録倉庫

本家で扱わない、ゲーム以外の考察や感想置場。常にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
イフリート:今週のサンデー2
日付またいでしまうので…というか昨日のイフリート記事が
異様に長いため、記事を分けて追記してます。


というわけで、続きへ。(ネタバレ注意)

追記×1


ちょっと待て、ニナミを殺す目的で撃ったならなんで死ぬまで放置しないでわざわざ治療したんだ?

だって、銃創の治療してからじゃないと実験も何も失血死するから実験にならないはずだし。
つまり、意識戻らないからといって…治療しないで実験に回すわけないっていうことなんですが。

それとも、撃った後に「まだ息がある」ということで実験を兼ねて治療か?
殺すつもりでニナミを撃ったのなら、わざわざ生死確認する意味がわからん。
放っておくだけで失血死するだろうし。

止血すればある程度持つけどな。

考えられるのは…


当時の海軍大佐にどれくらい金があるのか知らないが軍閥だからそれなりにはあるんだよな。
ってことは専属の医師がいたとしてもおかしくないんだが…

あの状況では救急車?というかそれに近いものを外部から呼び出すのは
危険きわまりないので
いないと話にならないんですけどね。

だから、倒れたニナミを見て、ニナミの屋敷の連中が医師を呼んで
(このときは親父さんはたぶん何をしようとか考えてなかったと思われる…つまり、この場を見ていただけかと)


「意識はありませんがまだ息はあります!治療をっ」

とか医者または屋敷の者が言ったので

「そうか、治療しても意識が戻るようなら邪魔になるから殺せ。
戻らないなら都合が良い、あの実験に使え」

とでも言ったのでしょうかね?


たぶん親父さんは自分ではニナミの生死を確認しなかったと思います。


もともと実験に回すつもりだったのなら死ぬ可能性の高い胴体部には撃たないでしょうし、意識不明になるようなとこを撃つとは思えない。
よって、最初から実験に回すつもりで撃ったわけではないはず。


だから、殺意はあったと思うんですよね。そのため死んで欲しいのだから放置してればいいので彼には生死の確認をする必要はないということです。





追記分です。

感想1で「ニナミの方が主人公なんじゃないのか?」ということについてちょっとだけ…(ちょっとか?


理由としては、彼女の体質の方が、ユウより危険なものであるためです。
他人に対してというわけでなくて、彼女自身にとって危険なんですよね。
なぜなら、じっとしてるだけで彼女自身が凍り付いて(=死んで)しまうのだから
ケガや病気で寝ているだけで命に関わるって事になるからですね。

一応、あの特製ベッドとユウがいればいいですが、入院は無理。起きてる時ですら、じっとしてる時は電気ストーブ×3とアルミシート(だと思われる。蓄熱性の高い素材だろう)が必要なんだから
寝てる時は更に必要になることは目に見えています。

でも、病院のしかも病室に、火元になるようなものを大量におけるはずがないと思うのですが…どうでしょう。

とにかく、ニナミの方が体質的に命に関わりやすいので
ニナミの方が主人公なんじゃないか、と思うわけです。


もちろん、ニナミの親父さんが彼女たちの改造を示唆したのなら
ニナミはキーキャラにもなるから、という理由もあります。



ちなみにユウの場合は、大人しくしてれば命に危険が及ぶとは考えにくい。熱が出るような病気の場合は危険かも知れませんが怪我で動けないくらいなら無問題ですし。熱さえ出なければ(動き回らなければ)入院も可能。

個室にしてドライアイスでも大量投入しておけばいいです(鬼

冷凍庫のベッドは、恐らく補助的な役割なんだと思います。
本当は寝る時は要らないと、ね。ただ、何がきっかけで体温が
上がってしまうか分からないからアレで寝てるだけでしょう。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。