回顧録倉庫

本家で扱わない、ゲーム以外の考察や感想置場。常にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
とらぶる:力の抑制の果てに
もうコミックで出たんだから時効かと思いまして…
今回の考察課題は…


デビルーク王が幼児姿で出現した理由


です。

ま、あれが本当の姿ではないと仮定しないと話題が成り立たないの
で、幼児姿は本来の姿ではないという仮定の下で話を進めていきま
す。新情報が出次第、新たに記事を新設し、検証していく予定。


さて本題…に入る前にちょっと前知識。

「ああっ女神さまっ」には「大魔界長ヒルド」というキャラが存在
します。彼女は立場上頂点に立つ者ですが、この作品では神と悪魔
の両方が対立した、派閥のような状態にある。よって、絶対的な頂
点に立っているのではなく、あくまで派閥の中での頂点ではある。

彼女は作品中、娘の連絡で初登場して依頼をこなして以後、自身の
娯楽のために魔界から地上へと度々降りてきている。


ここから共通点として

幼児化(ヒルドは見た目10歳前後に)して登場することが挙がる。

ヒルドの場合は、初登場時のみ大量の封環(力を抑制する道具)を
大量に身に着けて地上に降りてくるのだが魔力が強すぎて着地時に
まわりをボロボロにした。(直したけど)

その後、再登場するときは力を押さえるために幼児化していた。
このときの力はMAXが通常時(大人姿)の1/1000になっている。
とはいえ、それでも魔力が高いのか、幼児化しても封環は多めに
ついている。

ここから考えられることは

「デビルーク王も似たような理由で幼児化している」

ということだろう。つまり、力が強すぎてそのままの状態で地上に
降りると地球に影響を与える可能性があると考えたから幼児化して
いる、と。

ララは魔力のようなものは今のところ台風を吹き飛ばしたくらい?、
どちらにせよ物理的な力はかなりのもの。力をかなり抑えても100m
が10秒代。これがどこまで押さえてるのか程度が分かればもう少し
細かい分析も可能だろう。

デビルーク星人自体が怪力なのでこちらもいつか検証したい。

で。
加えてデビルーク王は子供の姿のままでも地球を破壊できるほどの
力(この場合は魔力のようなものだろう)を持っている。また、ララ
を保護しに来たデビルーク星人らも子供の姿ではない。

ここから、

デビルーク星人が成長すると幼児化する。

とも考えにくい。
(↑幼児体な宇宙人の設定も存在するのであえて書いておきました)

やはり力を抑えていると考えるのが妥当なようだ。
とはいえ、この押さえてる状態がどの程度までの抑制なのか不明な
点は残る。
Comment
≪この記事へのコメント≫
なるほどなるほど。
確かにザスティン他部下2名も、20-30代の年齢に見えますね。
ヒルドの例からも、ありえる考察です。
しかしララの父親が出るときは、最終回が近い感じがしますね。
ちなみに私は「ああっ女神さまっ」も全巻持っています。
2007/10/13(土) 18:05:36 | URL | 冬川 #-[ 編集]
>冬川さん
コメントありがとうございます。

そうですね。確かに次にララの父親が出
るときは最終回が近そうです。でも、女
の子目当てにまた降臨する可能性はなき
にしもあらず、ですけども。

女神さま全巻…すごいですね~。私は序
盤の絵が気に入らなくて集めようか悩ん
でます;;
(↑Boo●offで一日中立ち読みして話を
理解しましたし/ぇ でも1冊3回は読
んでますけど…)
2007/10/13(土) 22:22:19 | URL | ビスタ #.qanGQko[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。