回顧録倉庫

本家で扱わない、ゲーム以外の考察や感想置場。常にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ハルヒの驚愕:まとめて感想
ネタばれは含みません。

正直、今回は佐々木が一番かわいそうというかハズレくじを引かされていたような気が
する。それと、クシエルシリーズを長期間読んでいたせいか、こう。。。わくわくしな
くて物足りなかった。

というより、本題に入るまでのプロローグが長い。クシエル並みに。

たぶん分裂から合わせて600ページ分くらいずっとプロローグ。クシエルを知らない方
は本家を見てやってください。「ハマリもの集積物」とかいうカテゴリに書いてありま
す。まあ、ラノベと比べるようなものでもないが。

色恋ネタが多くなったのは分裂の時点からなんとなくは感じていました。他の感想を
回った結果、この色恋ネタの増加も私の違和感を強く刺激していたのではないかという
結論に至りました。

古泉の番だったな、とは認めますが。

今回、なんでこれで終わりになったのかよくわからないまま解決したことになったよ
うな気がしてならないです。やはり4年は長かったのか?私の考え方がハマっていた
当初とは変わったのかもしれません。

特に笑えもせず、どきどきもせず。終始、へえ~って雰囲気で淡々と。

よくない気がします。うん。。。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。