回顧録倉庫

本家で扱わない、ゲーム以外の考察や感想置場。常にネタバレ注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
記事整理
イフリート関係の記事を一掃しました。真面目に考察してるとこだけ残してバッサリ。
あの作品は一言で言えば設定不足だったかなぁ。途中までは面白かったんだけど。
結局最後の方はほとんど読んでなかったと今更自白。



それに合わせて、ローゼンメイデンの記事を本家から移植しました。完全に百合目
線なのは仕様です。特に最近は百合カプ以外受け入れられなくなっている自分が
いるので本家で大分暴走しまくってますがそのうち鎮圧します。



ただ、主軸を置いていたイフリートのカテゴリはおざなりになっているのでブログの
タイトル変更したいですね。このブログ名でリンク貼ってくれてるところは少ないで
すし引用されるようなこともしてないので(イベントとか行ってないから)。



それ言ったら本家も変更したほうがいい気がしてきますが、何気になんやかんや
言いつつニュース系ブログにも取り上げられたりとかすることがあるので微妙なと
ころです。



あとカテゴリに百合を追加したほうがいいのか悩むw



でも、そしたらツリー式のカテゴリじゃないと使いづらいんだよね……。ツリー形式
への変更の仕方はまだよく分かってなくて……。ブログのテンプレを大がかりにい
じるのは2年ぶりなのでやるとしたら数日はかかるでしょう。



そこまで時間があるとは思えないので……。夏休みとか春休みに覚えてたらやろ
うかなーって程度です。はい。タイトル変更だけはそのうちやりたいですね。
スポンサーサイト
カップリング理論?
襲い受と誘い受の定義がよくわからなくなってきた。個人的に定義するとしたら



襲い受
→精神的攻かつ肉体的受。本心では強くありたいと思っていてもその実メンタル
 が弱いキャラがこの傾向にある……と思う。いわゆるクーデレと近いものがある
 気がする。基本的には受けだが外面は攻めっぽい。好きな人にはとことん受け
 だが、どうでもいい人間には冷たかったりとか。なんというか極端ですかね。

わかりやすい例)
千歌音(神無月の巫女)、烏月(アカイイト)、東葉月(ヤミ帽)etc


誘い受
→精神的受かつ肉体的受。意図せず相手の行動を呼んでしまう。一見かよわい
 がメンタル面はかなり強かったりするキャラがこの傾向にある……と思う。いや、
 それよりも素直すぎて天然がちっていうほうが大きい気もするが。ちなみに、誘
 い受は俺の中で総受けの印象があったりもする。ただし、襲い受に対しては精
 神的攻にまわることも……

分かりやすい例)
姫子(神無月の巫女)、桂(アカイイト)etc

ん?姫子ってSSのイメージだと完全に攻めだったりするけどどうなんだろw
彼女の場合は誘い攻?w



わからんwww
本家ブログが……
なんのバグだか知らないがブログのインターフェイスが崩壊して記事もコメントも
全く閲覧できない状態になっています。しばらくおまちください><



なんでこんなことになってんだろうなぁ。とりあえず、治るまではこっちで生存報告
しておきます。
何かないかな
ハルヒの2周目を決め込んでいたのに、実況してるとかw
さて、どうする?

1:ハルヒを読む 2:微分方程式の演習する 3:無視を決め込む

う~ん。難しい選択肢だ(をい)なんつーのは冗談だよ。うん。もち。ハルヒ
はね~。個人的に驚愕の発売日決定するまで保温しておきたい。(めんど
くさいだけの間違いだろw)いや、だってさ~。

時間を置いてからのほうが新たな発見もあるし、考え方にも幅ができるだろ?
そう考えれば、驚愕待つほうが懸命じゃないかと思うわけだ。ただな、発売日
は未だ決まっていないってのがミソなんだよ。

そしたら、なんかほら。読むタイミングとかあるじゃないか。ま、前期はそこまで
忙しくはないと思うよ。あ~でも、3年生の講義も予習として見学したいし、その
あたりは時間の兼ね合いとかも考えないといかんわけだが。

というか…暇な時間帯に限って「演習」とか「実験」なのはどうなの?!

ああいう講義は少数精鋭というか、道具とかいるから見学するのは迷惑なだけ
だしね~。板書講義なら普通に見学して、ノートとって…って感じにできるんだが。
ちょいとお知らせ
最近更新してなかったら広告がwwww
だってさー。ハルヒの新作出ないし、最近面白い番組つーかアニメが…
エルカザドとかの感想でも書く?

でも真下三部作ではMADLAXが最高だったんだが。
お知らせ:本家での活動
PSPソフト「涼宮ハルヒの約束」のレポを本家で予定しています。興
味ある方は本家のブログ「FF考察記録」までお越しください。一応
完全クリアを予定しております。

その他、ゲームに関することは本家の方で語るつもりですし、分家
で話すことはないでしょう。まあ…原作の妄想ネタとしてなら使う
可能性もありますが(先生!この人日本語が変です)
久々に降臨した女神。
一時期、本家に書いてましたが「ああっ女神さまっ」もハマった
もののひとつです。どうやら来月久々にアニメが公開される様子。

特別編「ああっ女神さまっ~闘う翼」

が12月8日(土)深夜?早朝?3:40~放送予定。


闘う翼ということはヴァルキリーだっけ?その、リンドが出てくるの
か。漫画版だとリンド初登場は対ヒルド(の持ってきた悪魔)戦だか
ら、そのあたりの話?

俺はあの話好きなんだよね。ノーブルスカーレットもでかくなって
再登場するし。ヴェルスパー戦とかも面白そうだけど。ここはやら
ないのかね。
いけすかない話~恋愛は…つまらん
ちょこちょこ読んでて思うが…漫画とか小説の恋愛話って面白
くない…。恥ずかしがる女の子とかは嫌いじゃないですが……
愛の告白とか、恋愛相談?って…面白いのかなぁ??

情事(キスetc)のシーンはあってもいいけど、どうも言葉のや
り取りでの愛情表現は好きになれない。

大抵その手の話だと会話は読まずに絵だけ見る。または読み飛ばす。
映画やドラマだとTV消すか耳ふさいでる、またはトイレに行くな
んかして回避します。


理由?嘘っぽく聞こえるから。


告白だと、嘘ではないだろうけどなんとなく嫌。特に好きなキャラが
告白されるとか告白して、照れるってのは嫌。なんか弱く見えるから。
心の中で葛藤してるか、隠そうとしてるけど周りにバレバレってのは
いいんだけどね。

だってさ、告白するって事は「自分の気持ちに自信がない」「相手
の気持ちを分かってない」ような気がするし。かえって告白なんて
ウザいことしてないで相手が落ち込んでるときにでも抱きついてキ
スでもしろ、とか思う。

昔から嫌いなんだよな…ラブストーリーが濃い作品は。

ラブ要素は好きなキャラが照れるとかいう意味ではおいしいが
会話でラブ要素を成立させるなよ…面白くない。
人(ヲタ)が望む萌えとは(題材はとらぶる他)
って、実際は俺の萌属性の話だったりして。

今回は古手川唯をモデルにして考えてみる。

…何故か俺のツボにはハマらないんだ。容姿は合格なんだよ。うん。
黒髪のロングは好物のひとつだし。引率役ってのもプラス査定。

だけど…ねぇ。なんで気にならないの???興味が…薄いなぁ;;

もしかして、俺ってツンデレ属性苦手なのか???


そういえばセラムンのレイも苦手だったなぁ。まあ、アニメ設定の
彼女はって話だが。しかもアニメだとあまり頭のいい設定じゃない
しね。


なんだろうなぁ。なんか、「余裕のあるタイプ」と「背負い込む
タイプ」か。俺が気に入るのって。要するに両極端なんだが。って
いうか、両方持っているキャラが好き。



余裕があるって言っても、自信家とかそうゆうのじゃなくて…う
~ん。なんつーか

「弱みを握らせないタイプ」

か。弱みは全部1人で抱えてるタイプだな。大抵は責任感が強すぎて
自己崩壊したり、自己犠牲的だったりする。他人に甘えない人だな。
信頼する人間もごく少数で、信頼している人間にさえ弱いところを
見せようとしない。自分について語らないことが多いため謎が多いの
もこういうタイプの特徴。

基本的に強がりとか弱音を吐くことが滅多になく、自己解決する。
また、己の思念に執着しがちであるが、過ちだとわかったときは
きちんと反省し、やり直そうとする。たとえ、そうしたことで己の
命を投げ出すことになったとしても、正しいと思うことをやり通そ
うとする、義理堅い人物のことを指す。

ついでに冷静な判断力も持ち合わせているとなおよし。



こんな感じか。とくに「強がり、弱音を吐くことが滅多に(もしく
はまったく)ないし、他人に甘えない」のが一番中心かな。


だったらなんで俺はリノアとか好きなんだ???

ああ、ちゃんと最後までプレイしたからか(爆)前半はそこまで
好きなキャラじゃなかったからなぁ。

なら、古手川もあれだろ、話が進んでもっと彼女のことがわかる
ようになってからじゃないと興味も沸いてこないってことか。シ
リアスな話で古手川の素が出てきたら好きか嫌いかはっきりする
んだろうけどなぁ。
私のブログが流行らない理由
まあ、始めて間もない頃は愚痴ばかりで本当に単なる日記でしか
なかったからだと思う。本家が1年4ヶ月、こちらが5ヶ月程度
設立から経っている。内容も変えてきたし、更新頻度も増えてき
ているが、同時期に始まったブログに比べると人口が少ないようだ。

自己分析してみよう。かなり合っていると勝手に自負している事
をご了承いただきたい。また、今回のテーマでは「イフリート回
顧録」で検証している。


<目標>
・できるだけ中立を保つ
・意見の押し付けはしない
・疑問点は自己完結(またはひと区切りつくまで)するまで書き
 倒す。
・否定的な意見はなるべくやんわり表現する

<実際>
・作者叩きに間違われそうなほどかなりキツイ文体
・結局まとまらないまま記事を上げている
・作品を褒めていることが極端に少ない
・意見が少数派過ぎて賛同を求め得ない


わ…ぜんぜんダメだ俺orz

というか、リアルの俺そのままなんだが…どんだけ俺は他人を突き
放したいんだ。もう、これは根本から人間叩きなおさないと無理か
も。そもそもいちファンのブログであるくせに作者を叩くような表
現になってるあたり本末転倒だ。

アンチか、私は。

まあ、でもここは私のブログだ。少数派意見として、私の思考回路
の偏屈さを晒しものにするという意味で受け取ってもらえればそれ
でいいだろう。

もとはといえば、物語について考察、検証、批評サイトを覗くこと
自体が私の趣味なのだ。たとえ意見が批判的だろうが肯定的だろう
が、私にとって面白いものに他ならない。

端的に言えば「あら捜し」が好きなのかもしれないが。なぜなら大
抵の場合、批評に肯定的な文面が見当たらないことが多いからだ。
考察や検証の場合、疑問に思っていたことの、解決への糸口として
とっている。

その糸口から、私なりの解を出そうとしたりしているわけだ。

もちろん、個人の主観であることには間違いない。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。